川南の魅力

川南産食材がほとばしる! 地産地消のうまい店

魚、肉、そして数々の農作物が揃う食材の宝庫・川南。

その川南の食材を使った料理で評判のお店へいざ行かん!

肉に自信がなきゃできない ダブル厚のロースカツ

同店イチオシの川南メニューは、ゴールドポークという地元ブランド豚を使った「極厚ロースかつ膳」1,700円。
見たことのない分厚さに、「これは噛みきるのが大変かも」と思いきや、ふんわりジューシーで、脂っこさもまったくなく、噛めば噛むほどにうま味が広がるのだ。
宴会でも必ずオーダーが入るという人気の一皿、これは必食!

この極厚カツに小鉢や汁物まで付いてお腹いっぱい。


[ 寿司・宴会 ほてい ]
前身は母親が切り盛りしていた「ほてい食堂」。
おふくろ料理と人間味あふれる接客で、地元の人たちに愛されてきた。
その想いをしっかり引き継ぎ、寿司・和食を中心に多彩なメニューを提供している。

住/川南町大字川南13712-26
☎ /0983-27-0500
時/11:00〜13:30、16:00〜21:30
休/不定休

地元の呑み助たちを魅了する その日獲れの活きた刺身

通浜漁港でその日に仕入れた鮮度バツグンの刺身は、いまにも踊り出しそうなほどにプリップリ。
この日のキャストは、ブリ、マグロ、サワラ、そしてタコにタイ。
川南が誇る旬魚を心ゆくまで召し上がれ。

当日の水揚げ次第で食べられる魚が違うので、どんな魚に出会えるのかも楽しみの一つ。


[ 居酒屋 七輪 ]
その日に水揚げされた魚から目利きにかなったものだけを仕入れる。
おすすめはもちろん魚料理だが、地鶏やとんかつなどのメニューもあり、連日、地元常連客で賑わう。

住/川南町大字平田2372-2 
☎ /0983-27-3135
時/17:00〜22:00 休/日曜

和食職人を本気にさせる 通浜獲れの魚! 魚! 魚!

アカムツ、鬼カサゴ(川南名:おかんさん)、ブリ、ホウボウ、ヨコワetc. メニューには川南ならではの豊富な魚種がラインナップ。
その豪華メンバーを、刺身はもちろん、から揚げ、煮付け、塩焼き、酒蒸しなど、和食料理人であるご主人が腕を振るう多彩な料理で味わえる。

高級魚とされるアカムツやホウボウなどを浜値で味わえるのがうれしい。


[ 四季の味 紙風船 ]
通浜漁港のセリで買い付ける鮮魚を使った料理の数々。
野菜やお肉も、仕入れられるものはすべて川南産にこだわる。
仲睦まじい二人のおもてなしが料理に花を添える。

住 /川南町大字川南13655-44
☎ /0983-27-4973
時/17:30〜21:30LO
休/不定休

脇役に置いとくにはもったいない。 太陽と大地の恵みを受けた新鮮野菜

月替わりのパスタと、前菜プレート、ソフトドリンクがセットになったパスタランチ980円。
メインはもちろんパスタだが、地元野菜を使ったみずみずしくてシャキシャキのサラダのおいしさも主役級!

パスタはペペロンチーノ、トマト、クリームをベースにした3種から選べる。


[ Four Leaf ]
イタリアンを中心とした創作料理店。もともとは宮崎市内にあったが、10年ほど前にオーナーシェフの地元である川南に移転。
50品ほどの豊富なメニューには、「あじ豚ヒレステーキ」や「浜どれ魚のホイル焼き」など地元食材を使った料理がならぶ。

住 /川南町大字川南13675-29 
☎ /0983-27-0981
時/11:30〜14:00LO、17:30〜21:30LO
休/火曜(10名以上の予約があれば営業)