お試し滞在

東京から川南へ、地域おこし協力隊として赴任した髙萩さん一家
誠さん(44)、真由美さん(44)、丈くん(5)

 東京生まれの誠さんと真由美さんの田舎は、それぞれ岩手県と青森県。子どもの頃は、夏休みになる度に田舎に連れられて、ひと夏を過ごしていたのだという。そんな経験から、「ゴミゴミとした都会ではなく、自然に囲まれた田舎でのびのびと子どもを育てたい」と、1年前に川南へとやって来た。
 「まわりには自然がたくさんあるし、食べ物もおいしくて確かに理想としていた環境です。ただ、住まいがアパートなので、ひとたび家に帰ってしまうと、東京での生活とあまり変わった感がないんですよね」と誠さん。思い描いていた田舎での暮らしと、現在の生活には若干のギャップがあるようです。
 だから、2人の目下の目標は、田舎暮らしを満喫できるような一軒家に住むこと。前ページで紹介した米山さん夫妻が営む「里ぐらし」はその理想型なのだとか。
 というわけで、一家3人「里ぐらし」を訪れて、田舎暮らしの醍醐味を体感することになりました!

理想とする田舎暮らしを求めて、 米山さん夫妻が営む
“里ぐらし”へやって来ました。

里ぐらしに関するお問合せ:0983-27-4601

Trial stay facility

お試し滞在施設

川南合衆国暮らし体験してみませんか?

川南町に移住をお考えの方のための「お試し滞在施設」を1軒設置しています。
1日「500円」で利用できる「お試し滞在施設」を活用し、川南町に住む魅力を体験いただき、仕事や住まいを探すための活動の拠点として使用してみませんか。

入居対象者 (1)川南町外に住所があり、川南町へ移住を希望している方
(2)その他町長が特に必要と認める方
ただし、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員又は同条第2項に規定する暴力団関係者は除く。
場  所 川南町大字平田151番地3
利用期間 連続した14日以内
利 用 料 1世帯 500円/日(光熱水費を含む。)
※食費は含まれません。
付 属 品 洗面台・エアコン・冷蔵庫・洗濯機・掃除機・電子レンジ・IHクッキングヒーター・調理器具・食器・シャンプー・石けん・物干し・寝具(4組)
ネット環境 あり(WI-FI)
注意事項 利用開始時には、必ず平日の時間内(8時30分から17時15分)までに役場へお越しください。
ペット不可
室内禁煙
利用料のお支払いは、利用開始日に全納していただきます。途中退去があった場合でも返金はできかねますので(特例は除く。)、あらかじめご了承ください。
利用期間の延長はできませんので、ご注意ください。
万が一、使用規程の違反をした場合は、使用許可を取消させていただきます。
施設内及び周辺で発生した事故等に対して責任は負いかねますので、ご了承ください。
利用方法 (1)事前にまちづくり課で、お電話等(0983-27-8002)による仮申請を行い、施設の空き状況を確認してください。
(2)利用開始の14日前までに、川南町お試し滞在施設利用希望者名簿と身分証のコピー(現住所を証する書類)を提出してください。
(3)町は、利用希望者名簿のを受理した後、使用の可否を審査します。
(4)使用を許可する場合は、利用希望代表者に連絡をします。
(5)施設利用当日に川南町役場まちづくり課へお越しください。移住に関するヒアリング、契約手続、利用料のお支払をしていただきます。
(印鑑をお忘れにならないようお願いいたします。)
(6)施設へ案内し、設備の利用方法等について説明した後、鍵をお渡しします。
(施設への移動は、利用者様ご自身で行っていただきます。)
(7)町は、退去予定日に施設の検査を行います。問題がなければ、退去完了です。
(破損個所等がある場合は、原則として利用者の責任により原状に回復していただきます。)